生理痛Menstrual cramps

毎月痛みやだるさで動けない。
そんなひどい生理痛方へ

生理痛の症状

  • 下腹部の痛みが起こり、肩こり、むくみ、吐き気、イライラ、のぼせ、眠気などがある。
  • 生理による出血のため、一時的に貧血状態に陥ってしまうことがある。
  • 骨盤内のうっ血によって下半身の血流が悪くなり腰痛を招くことがある。
  • 急激な女性ホルモンの減少で、自律神経が一時的に乱れてしまい、発熱が引き起こされる。
  • 自律神経の乱れから脳の血管が拡張し頭痛が起こる。

生理痛とは?

生理が始まる際に子宮内では、プロスタグランジンという物質が増加します。
プロスタグランジンは、子宮などの収縮を誘発する物質であり、この物質により生理が開始されます。
ですが、時としてこのプロスタグランジンが過剰に生産されることがあり、子宮や子宮周りの筋肉を強く収縮させてしまうことがあります。
この状態を機能性月経困難症といい、つらい生理痛として現れてきます。

生理痛原因

経血を押し出すときの子宮の収縮、ホルモンバランスのくずれによる骨盤内のうっ血、全身の血行の悪化、ストレスなどがあげられます。

病気が原因の場合もあります。子宮内膜症や子宮筋腫などの病気や、炎症などが原因で起こる他の臓器の癒着などが痛みを起こしているこのような場合は、原因となっている病気の治療が必要です。

健康壱番館での施術

お腹周りと腰回りの筋肉や神経、血行の緊張を緩め、改善します。

つらい生理痛により子宮・卵巣は神経に影響を与えます。
神経が緊張し、腰の骨の付近と子宮を取り囲む骨盤にも影響を及ぼします。

当院の施術ではそんな骨盤の歪みを調整するにあたり、お腹周りと腰回り、それぞれどれくらいの割合で周辺の筋肉や神経・血行の緊張があるかを確認して緩めていきます。
全体の緊張がとくにきつい場合には筋肉の調整と関節の矯正を繰り返しながらすることでつらい生理痛の負担を最小限に抑えることができます。

ご家庭でもできる体調管理の仕方をお伝えしています。

施術後には、施術前と比べて状態の変化を確認することで体の管理の仕方と次回の施術内容の説明をします。
また、日々の体調管理の仕方などアドバイスとして入浴による血行改善やアロマバス、足湯などつらい生理痛の緩和方法をお伝えしています。

日常でもできる
生理痛の予防方法

入浴による血行改善

つらい生理痛には下半身を温め、血行をよくすることが最適です。
そこで、まずおすすめなのが入浴です。お風呂に入ることで体が真から温まり、心身の緊張がほぐれ、血行が改善し、生理痛が和らぎます。
積極的にバスタブにつかってくださいね。

アロマを使った入浴

カラダを温める入浴剤や血行をうながすアロマなどを入れればさらに効果的です。
入浴剤やアロマの香りにはリラックス効果があり、身体と共に心も癒やしてくれるでしょう。
使用するアロマオイルはアロマバス向きのものを使用するよう注意しましょう。

足湯で下半身を温める

足湯でも効き目はあります。バケツなどに41~42度のくらいのお湯をくるぶしがしっかり浸かるくらいまでそそぎ入れ、15~20分ほど足をつけていると、下半身がポカポカしてきますよ。
冷え性にも効果のある、おすすめの対策です。

この記事を書いた整体士の紹介

東洋整体学院
近畿地区担当師範
中川 真太郎
整体士歴 22年

近畿地区担当師範の中川です。
京都山科店でも勤務をしております。
患者として通っていた蘇生術に魅了されこの世界に入りました。時代の流れに合わせて変化をもたらす技術はいつであっても頼って来てくださる方たちの要望を満たしてきました。どこにいっても改善しないと悩んでおられるなら是非体験してみてください。

お近くの店舗を探す

お近くの店舗を探す

都道府県から探す

地図から探す

地図から選ぶ