腰痛Low back pain

ジンジン、ズキズキ痛みがはしる…
そんな腰痛でお悩みの方へ

腰痛の症状

  • 長く歩く腰が重い痛みがある
  • 前かがみになったり体をそらすと腰に痛みがある。
  • 起床時に腰がズキーンとしてすぐに起きあがれない。
  • 寝返りを打とうとすると腰に刺したような痛みが起きる。
  • 椅子から立とうとした時に腰がピキッと痛い

腰痛とは?

腰痛には、筋肉の疲労から起きるものから、筋力の低下、骨格の歪み、神経的な痛み、内臓系の異常から起きるものなど様々な腰痛があります。

筋肉の疲労から起きる腰痛とは、長時間のスポーツによる筋肉痛やデスクワーク、車の運転など同じ姿勢をとり続ける事による筋肉の疲労が腰痛を引き起こします。

骨格の歪みから起きる腰痛とは、前にかがむ姿勢を長時間続けたり、片方の肩へ重い荷物をかけていたり、片足に体重をかけて立っていると骨盤にズレが出てくることで腰痛を引き起こします。

神経痛を伴う腰痛とは、長年の疲労が原因で腰の骨や骨盤、股関節の異常のために神経が圧迫され、腰から足にかけて痛みが起きます。

内臓から影響を受ける腰痛とは、内臓が弱ると自律神経の影響を受け、腹部が締り腰から足につながる筋肉が締まるために腰に負担がかかってきます。そうなってくると何もしていなくても痛みを感じます。

腰痛の原因

現代の腰痛は、生活習慣で起きるものが多く、ほとんどが筋力の低下やデスクワークのような同じ姿勢を続けて起きるものや内臓機能低下が関係した腰痛が多くの原因になっています。

健康壱番館での施術

東洋整体蘇生術で調整と矯正することで健康なからだへと導きます。

当院の施術は、お客様の状態を詳しく聞く事で、痛みの状態、痛みの場所、痛みの原因、動かした時の痛みを確認し、本当の痛みの原因を考えて施術するために施術計画を立てます。
お客様の状態に合わせた施術内容を決めないと改善されない人が多いからです。

施術では、筋肉の疲労、筋力の低下から起きる腰痛を見ていく時は、負担がかかっている筋肉を緩める事で痛みを和らげ、骨格のバランスを整え、負担がかかりにくくしていきます。

骨格の歪みから起きる腰痛は、骨盤のズレや背骨の歪みを見る事で正しい位置に戻し、立っている(座っている)時に異常な負担が筋肉にかからないようにバランスを取ります。

神経(内臓機能)から影響を受けるものに対しては、内臓を動かしている自律神経に影響がないか?反対に影響を受けていないかを確認をして筋肉を緩めていくことにより、骨格の圧迫やズレをもとに戻していきます。
そうする事で神経的な痛みを緩和させていきます。最後には内臓機能を改善させるために、筋肉、神経、血行のバランスを整えます。
そうする事で、内臓機能が回復してくると自律神経が安定をするために腰に影響を受けにくくなり楽になってきます。

ご家庭でもできる体調管理の仕方をお伝えしています。

施術後には、施術前と比べて状態の変化を確認をする事で体の管理の仕方と次回の施術内容の説明をします。
また、日々の体調管理の仕方などアドバイスとして、楽な姿勢の取り方、炎症による痛みのおさえ方、などをお伝えしています。

日常でもできる
腰痛の予防方法

楽な姿勢をとる

「腰痛」が発生した時は、腰に負担がかからないように、痛くない姿勢をしましょう。
出来るかぎり自分がラクな姿勢をとり、痛みが少し治まってから腰の筋肉はできるだけ使わないように注意しましょう。

タオルや湿布で冷やす

急に発生するような腰痛の場合、初めに強烈な痛みがあることが多く、筋肉の炎症が起きています。
このような炎症症状は患部が熱を持っている場合が多いので、冷やしたタオルや湿布薬などで患部を冷やしてください。
冷やしながら安静にすることで炎症が治まり、痛みが沈静化してきます。

ストレッチ

日頃から適度な運動をすることで、腰痛になりにくい体作りをすることが大切です。
立っている時や座っている時に背筋や腹筋を意識する、歩くときは歩幅を広くする、階段を使うなどを意識してみましょう。
運動により筋肉の質を向上させておくことは、病気やけがを防いだり、肥満やストレス解消にもつながり、腰痛の改善や予防に役立ちます。

この記事を書いた整体士の紹介

東洋整体学院
副学院長
金光 慶幸
整体士歴 30年

私は、縁があって中学時代からこの整体と出会って技術を学びながら多くの身体の不調で困っている人々に出会ってきました。全国の整体士の教育監督として整体士の育成をしています。

お近くの店舗を探す

お近くの店舗を探す

都道府県から探す

地図から探す

地図から選ぶ