便秘Constipation

いつもお腹がはって苦しい
そんなつらい便秘の方へ

便秘の症状

  • 排便の回数がいつもより少ない
  • コロコロした硬い便が少量ずつ1日に何度も出る
  • 排便時不快感がある
  • 腹部が張っていて苦しい
  • 排便時間がかかる

便秘とは?

胃や腸などの消化器系は自律神経のコントロール下にあります。ですので、精神的な影響をうけやすい器官でもあります。
スピーチをする前は緊張で自律神経が乱れて調子が悪くなったり、スピーチが終わればホッとしてお腹がすいたり。このときの食欲がなくなったりお腹がすいたり、というのは、胃や腸に問題があるのではなく、緊張して自律神経が乱れる事が原因です。

ストレスによって自律神経のバランスが乱れると、便秘や下痢を引き起こします。ストレスがあまりに強いと、交感神経ばかりが異常に働いてしまうので、便秘だけでなく、便秘と下痢をくり返すこともあります。
また、自律神経からくる便秘は他にも、疲れがとれない、ぐっすり眠れない、体が重い、冷えを感じる、といった便秘以外の不調もあらわれる傾向があります。

便秘原因

胃腸は、ストレスを受けやすい場所でどうしても生活をしていると、ストレスに弱い人は影響をすごく受けてしまいます。
そのため、腸の動きもにぶくなって、栄養の吸収も老廃物の排出もできなくなります。これがストレスの影響で自律神経の乱れからくる便秘の原因です。

健康壱番館での施術

お客様の状態をお聞きし、状態に合わせてバランスを整える施術を行います。

当院の施術は、お客様の状態を詳しく聞く事で、痛みの状態、痛みの場所、痛みの原因、動かした時の痛みを確認し、本当の痛みの原因を考えて施術するために施術計画を立てます。
お客様の状態に合わせた施術内容を決めないと改善されない人が多いからです。

便秘になる人は、胃腸系が弱っている人が多いので、機能が上がるように身体のバランスを整えます。
腹部の筋肉を緩める事で血流の流れを良くしていき、内臓の機能を向上させます。
次に自律神経を安定させるために、神経的な痛みを筋肉と骨格のバランスを整える事で改善していきます。ですが、便秘はお客様に手伝ってもらわないと改善しない症状なので、ストレスの回避や食事面のバランスを考えてもらいます。
そうする事で施術の効果を出しやすくして便秘の改善をしていきます。

ご家庭でもできる体調管理の仕方をお伝えしています。

施術後には、施術前と比べて状態の変化を確認をする事で体の管理の仕方と次回の施術内容の説明をします。
また、日々の体調管理の仕方などアドバイスとして、排便をガマンしない、ネバネバ食材を食べる、生活習慣の改善などの仕方をお伝えしています。

日常でもできる
便秘の予防方法

排便をガマンしない

便秘の解消方法として、まず大切なことは便意があるときに、排便をガマンしないことです。無理なガマンをしてしまうことで、便の水分が失われて硬くなり、排便のタイミングを逃してしまいます。このタイミングを逃してしまうことで、さらに便が腸に溜まって便秘の悪循環におちいります。

ネバネバを食べる

オクラや納豆、めかぶなどネバネバ食材に含まれる水溶性食物繊維には便をやわらかく、かつ滑りもよくする働きがあります。
水溶性・不溶性(野菜、芋、きのこ類)の食物繊維をバランスよく摂取することで便秘になりにくくなります。

生活習慣の改善

便秘の解消をしたり、お腹の調子を整えるために食生活と同じくらい大切なのが、毎日の生活習慣です。
適度な運動をしたり、毎日決まった時間に寝起きする等、身体のリズムにあわせた生活習慣を守り、便秘を解消しましょう。

この記事を書いた整体士の紹介

東洋整体学院
副学院長
金光 慶幸
整体士歴 30年

私は、縁があって中学時代からこの整体と出会って技術を学びながら多くの身体の不調で困っている人々に出会ってきました。全国の整体士の教育監督として整体士の育成をしています。

お近くの店舗を探す

お近くの店舗を探す

都道府県から探す

地図から探す

地図から選ぶ